コラム

監修だけじゃない!シナリオディレクターのスキルの全て

ゲームディレクター、ゲームプランナーはよく聞く職種ですが、シナリオディレクターとは……? 端的にいうと、シナリオ制作専門のディレクターです。でも、シナリオ制作のディレクションって何をしているのかイメージしづらいですよね。今回は聞き慣れないシナリオディレクターのお仕事をひとつずつ紹介します。

ヒアリング

クライアントやディレクターの頭の中にあって仕様としては存在していないことも多々。

それらを聞き出し、(=ヒアリング)まとめあげます。

期間限定イベントのようなミニシナリオの場合は、ここからシナリオライターのアサインやネタだし、プロット制作にはいっていきます。

お話の提案

目指すゲームを実現するために、こんなお話はどうでしょうか? 等シナリオの方向性を提案します。

コンテンツ部分の企画書(=提案書)を作成することもあります。

ネタだし

クリスマスが近いからクリスマスに絡めたものを。

なんでもいいから甘いものを。

これこれこういったシステムにあったネタを……。

このキャラに合うエピソード

等々、まるでゲームの縛りプレイですが、希望に合ったネタを提案していくのがプロです。

見積もり

見積書の作成です。

スケジュール

見積もりと相関しますが、スケジュールを計画します。

何のシナリオをどのようなペースで完成させていくか、シナリオライターの選出と一緒に計画することが多いのではないでしょうか?

発売時期・配信時期に合わせて、少しでも余裕ができるよう組んでいきます。

キャラクター設計

シナリオディレクターがキャラクターの設計を担当することもあります。

基本的には、ディレクターやプランナーと相談しながら足りない情報を補ったり深堀りしたりと、シナリオにとっては要となるキャラクターづくりに取り組んでいきます。

シナリオ仕様(シナリオレギュレーション)の決定・ドキュメント作成

シナリオを作成するためにはルールが必要です。

仕様の中には
・表示文字数
・変換用の話者名の書き方
・選択肢記号の書き方
・漢字リスト
・日本語ルール
・NG項目
などが含まれます。

これがどれだけ完備されているかで後々の作業者の負担減が見込まれるので、重要な項目となります。

また、シナリオライターも仕様が固まっていると安心して執筆ができます。

シナリオライターのアサイン

シナリオは小説のように美しく!
舞台はファンタジー!
毎月のイベントは本編なみのボリュームにしたい!

欲張ろうと思えばどこまでも欲張れるのですが、書けるライターは限られてます!

どんなにネタが良くても、ライター陣が苦労して書くようになると、本編はともかく、イベントのシナリオクオリティは逆に落ちてしまいます。

ソーシャルゲームにおいてはイベント運営が肝。

継続してシナリオを執筆していけるようなクオリティにあらかじめ設計しておく必要がありますよね?

やりたいようにやるのも手ですが、総じてシナリオライターの選考でかなり苦労します。先にリソースの確保をするのもシナリオディレクターの役目ですね。

プロット制作

プロットの執筆はシナリオディレクターがやります。

シナリオライターが詳細プロットを作成することもありますが、ネタだし・プロットの執筆は最初からヒアリングも行いよく理解しているシナリオディレクターがやるべきです。

そうでなければ、シナリオが完成した時に

「締切直前なのにイメージと違う!」

ということが起こってしまいます。

ちなみにプロットってとても大事だと言われていますがプロットの書き方も幾通りもあり、シナリオライターの適性や能力によって、こういう書き方のほうが魅力的に執筆してくれる、といった相性もあります。

シナリオ制作・進捗管理(渉外)

プロットに沿ってシナリオライターが執筆します。

スケジュールを最初に決めましたが、進捗管理のための実際の細かいスケジュール切りは、シナリオライターの適性に合わせて作成することが必要です。

また、シナリオライターさんに最後までモチベーションを保ったまま執筆していただくのも、シナリオディレクターの仕事ですね。

クリエイターさんとのやり取りには細やかな配慮が必要になってきます。

シナリオの監修

上がったシナリオを都度チェックします。

主なチェック項目は、

 - 企画意図に沿ったシナリオか
 - キャラクター性は維持できているか
 - 魅力的なキャラクターか
 - 設定・世界観に間違いはないか
 - シナリオの仕様に沿っているか
 - プロット通りに書けているか

シナリオライターによって、全部上がるまで待ったほうがいいのか、部分部分でチェックしフィードバックしたほうがいいのか異なるのでシナリオライターの適性に合わせて指示をします。

進捗管理と同時進行になりますが、クライアントと打ち合わせをしながらよりシナリオをブラッシュアップして、完成に持っていきます。

シナリオの納品

いよいよ完成!

仕上がったシナリオを納品しておしまいです。

シナリオディレクターに向いている人とは?

毎日大量の文字や情報、物語が溢れた中で過ごすので、お話を読むのが好きなことは大前提です。
その上で……

・人とコミュニケーションを取るのが好き!
・誰かを喜ばせたいというサービス精神がある
・きめ細やかな気配りができる
・文章を読んで好し悪しが分かる
・良いものを素直に良いと笑顔になれる!

シナリオディレクターは日々たくさんの人と接する仕事です。

「シナリオ」ディレクターというだけあって、もくもくと仕事をしているイメージが強いかもしれませんが実はかなり社交的。なので、内向的な方よりは外交的な方が向いています。

ひつじぐもでは、シナリオディレクターは「プロジェクト・リーダー(ディレクターやプランナー)の要望をシナリオライターに伝わるように翻訳する翻訳家」です。

 

ひつじぐもでは一緒に働きたい 仲間を募集中!!

まずは、3ヶ月の⻑期インター ンシップでシナリオ制作の訓練をしてシナリオラ イター・シナリオディレクター を目指してみませんか?

インターンの詳細はこちら


ひつじぐもでは一緒に働きたい 仲間を募集中!!

シナリオライター・シナリオディレクター を目指してみませんか?

2018年度及び2019年度より活躍頂ける人材の応募を開始しました。

募集対象:入社時28歳未満の新卒/既卒/就業者

将来的な入社を視野に入れたインターンシップの参加も受付中です。(課題選考あり)


求人・インターンの詳細はこちら

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status