シナリオ制作実績

箱の中/檻の外 – ドラマCD脚本

ドラマCD化にあたってひつじぐもで脚本を担当した、「箱の中」「檻の外」。原作は木原音瀬 様が執筆した同名の小説で、刊行時には「ダ・ヴィンチ」誌上にて『BL界の芥川賞』と話題になりました。2018年7月7日に開催された朗読劇の脚本も担当しています。

商品概要

<製品名>
『箱の中/檻の外』ドラマCD

<出演>
堂野崇文(CV.野辺健太)
喜多川圭(CV.川原慶久)

<収録時間>
78分57秒+79分44秒(2枚組)

<定価>
5,184円(税込)

<発売日>
2018/07/18 発売

<発売元>
ポニーキャニオン

 関連リンク

【公式サイト】
https://hakononaka.ponycanyon.co.jp/

【公式Twitter】
https://twitter.com/pjread_official

 「箱の中」あらすじ

痴漢と間違われて逮捕された堂野崇文は、冤罪を訴えて最高裁まで争うも実刑判決を受けてしまう。様々な罪を重ねた一癖も二癖もある受刑者たちとの生活に、堂野は馴染むことができなかった。

真面目に生きてきただけなのにどうして――。怒りと悲しみに打ちひしがれる中、堂野は殺人罪で捕まった男・喜多川圭と出会う。

「檻の外」あらすじ

雑居房を出てから六年後、堂野崇文は、自宅近くの公園で喜多川圭に再会した。

「ずっと捜していた。一緒に暮らしたい」

六年前とまったく変わらない一途な想いに、堂野は連絡先を教えてしまう。
しかし堂野には、すでに妻も子供もいて……。

スタッフ一覧

かほく麻緒


シナリオ制作はご相談ください!!!

恋愛・乙女ゲームなどの「シナリオ制作」はもちろん、企画・ディレクション・デザイン・シナリオ・イラスト・運用・サポートまで、すべての工程について対応可能ですのでお気軽にご相談ください。
現状のターゲット層やテイストをヒアリングさせていただき、最適な企画・シナリオ制作をご提案します。
 
 
現在、毎月3社限定で無料シナリオ執筆をやっております。
恋愛・乙女ゲームなどのシナリオ制作をご依頼の場合、お取引に適しているかどうか、マッチングのご心配を極力減らすために、お申し込み前に、御社の仕様、資料に合わせて、サンプルシナリオ(5,000文字程度)を無料で作成します。
 

求人・インターンの詳細はこちら

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status